Wu-tangさんの異国暮らし

韓国(亀尾)から始まり、Kentucky(Louisville)そして、現在Texas(Austin)と、割と短期間に、転々としています。そんな日々。

Daisypath Next Aniversary Ticker

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

赤ちゃんと空の旅ガイド

 

img091118192221_p

 

今回、アメリカー韓国ー日本ーアメリカを6ヶ月の赤ちゃん連れの旅でしたが、

自分の備忘録的に、次回への留意点。

 

乗り換えはなるべく少なく!

お金がかかっても、コレは非常に大切。

大人だけの旅であれば、何回乗換えがあっても、「安い」を優先するかもしれません。

しかし、ココに赤ちゃんがプラスされると、高くても、乗換え回数が少ない、あるいは直行便を選らぶ。

赤ちゃんのためのみならず、大人のストレスも軽減されます。

 

予約時に、バシネット+赤ちゃんのミールを必ず一緒にリクエスト。

バシネットを予約する事で、素良ちゃんフルフラットでファーストクラスのような快適な旅をすることができました。

国際線であれば、生まれたての赤ちゃんでも、航空会社によって多少の違いがあるかもしれませんが、10%は料金を払わされるので、

頂けるものは全て頂こうの作戦で、ミールも必ずリクエストすると良いでしょう。

 

なるべく、おしゃぶりベイベーになってくれるように訓練を。

飛行中、特に着陸前の1時間ぐらいは、気圧の変化が激しいように感じました。

耳抜きの出来ない赤ちゃんには、おしゃぶりをさせるのが一番良いらしいのです。

アメを舐める事が出来る子供は、アメを舐めさせて、それが出来ない赤ちゃんは

なるべくおしゃぶりをしてもらいましょう。授乳か、何かを飲ませるのでももちろん良いのですが、

そんな長時間飲んでられないので、おしゃぶりがやっぱり良いのでは。。

正直、おしゃぶりは日本ではあまり推奨されていないかもしれませんが、先日、歯科で

おしゃぶりと、歯並びは関係あるのか聞いたのですが、大人の歯が生えるまでは全く関係ないとの事。

赤ちゃんの間はおしゃぶりアリと思います。なんと言っても、本当におしゃぶりをしてくれると助かります。

素良ちゃんおしゃぶり大好きなので、泣くとおしゃぶりをあげると落ち着くし、そのまま寝落ちてくれます。

まぁ、もちろん、これは、あくまで私の考えですが。。。

 

念のため、搾乳機を機内用の荷物に。

成田や、仁川などのアジア系の空港には、とっても快適な授乳室が完備されているですが、

特に、アメリカの空港は授乳室なんて存在しません。少なくともLAXにはありません。

機内での授乳はなかなか私には難しかった上に、アメリカでは空港でも授乳する事が出来ず、

乳腺炎ギリギリでした。何が起こるかわからないので、念のため持っていくのが良案。

 

ベビーキャリアは必須。

今回、月齢(6ヶ月)からか、ベビーカー無しで、ベビーキャリアのみで十分でした。

LAで5時間の待ち時間があっても大丈夫でした。

エルゴであれば、赤ちゃんをキャリーしたまま、トイレで用を足す事も可能です。

ただ、ヒモ的な物がエルゴから沢山出ているので、トイレでは要注意です。

 

甘えられる事は、人に甘えてしまいましょう。

特に、赤ちゃん連れの一人旅は、色々と大変な事が多いので、甘えられる事は

周りの人に助けてもらいましょう。みんな全然快く助けてくれます。みんな暖かいです。

 

乗り換え時間が長過ぎる場合はラウンジを使うとストレス激減。

私のマイレージカードは良いステイタスじゃないので使えないのですが、

今回LAXでは、あまりにも長い乗り換え時間だったので有料ラウンジを使いました。

reLAX

料金は以下

Current rates: effective Jan 2011
1 hour $15.00
3 hours $30.00
All day $50.00

航空会社のラウンジ同様のサービス。インターネットアクセスや

美味しくはないけれども、サンドイッチとかの軽食、飲み物は、飲み放題食べ放題です。

長い時間の乗換えであれば、このような施設の有無を事前に調べておくとラクかも。

 

新幹線などの旅先での電車移動も意外と要注意。

今回は、韓国でKTXという新幹線みたいな高速列車に乗ったのですが、

これも意外と飛行機程ではないものの、トンネル通過時に気圧の変化著しく、

耳抜きが必要になります。これには、とっても参りました。要注意です。

 

とにかく、赤ちゃんとの長旅は、予想外に、赤ちゃんを疲れさせるのと、

時差がある場合は、生活がメチャクチャになってしまう事なんかを

加味した上で、お金で解決できる事は全て解決した方が良いという事が分かりました。

 

ストレスフリーで快適な空の旅を!

スポンサーサイト
  1. 2011/07/17(日) 16:11:52|
  2. 赤さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<使って実感、高かろう良かろう。 | ホーム | 夏の夜の愉しみ>>

コメント

わお、参考になります。ありがとー。
耳抜きは言うねぇ。
アラさんもう最近おしゃぶり吸ってないからどうなのかなぁ。
まぁ、飛行機乗せる予定は今の所ないけど。
カーシート持ってかなかったんだねぇ?
カーシートだけあれば、土台がなくてもシートベルトで止められるらしいね。
ほんと大変だよねぇ。あれもこれも、あったらよかったと思うだろうし、またまた一人だと大変だよね。
偉いよー、うたん。良く頑張ったね!脱帽です。
  1. 2011/07/20(水) 23:51:47 |
  2. URL |
  3. りさこ #-
  4. [ 編集]

これ保存版にさせていただくわ。
バシネット・リクエストだけじゃなくて予約できたんだー
必須だよね。
最近、出産に伴う親の呼び寄せを便を見てるけど、燃料費がガバッと上がっててびっくらこいたわ。チケットと同じぐらいの料金・・・。
もうちょっと空の旅リーズナブルになるといいんだけどね。
赤ちゃんできたらそんなことも言ってられないかー。
  1. 2011/07/21(木) 14:20:19 |
  2. URL |
  3. かよ #ADJD0lrw
  4. [ 編集]

りさちゃ:そうなんだよねー。あったらラクだろうなって思うものもあるけど、荷物が多くなり過ぎちゃうし、そこらへんが、結構考え所だよー。でもさ、リサっこがアラ氏と日本に帰る頃はアラ氏歩けるだろうから、幾分かラクかもねー。でも、飛行機内で歩き回って大変だろうけど。
カーシートは、借りたやつも、ベースが無くってシートベルトで付けたよー。

かよちゃ:そうそう。っか、バシネットの席を予約しないとさ、アレじゃない。だから、バシネットが付けれる席を予約して、バシネットは、「当機に積んでおりません」とか言われたら、超困るから、リコンファームって感じに、2日前に、ベビ機内食の件と一緒にもう一度電話しとくみたいな。でも、あれ、2つ大きさあるみたいだけど、そんなに大きく無さそうだったよー。だから、
せいぜい1歳ぐらいまでしか使えないのかもー。燃料費、マジで困るよねー。でも、LAからだったら、直行だしさ、羨ましいよー。
  1. 2011/07/21(木) 21:00:41 |
  2. URL |
  3. ウタン #-
  4. [ 編集]

わー、本当、これは保存版!!!とっても参考になる!
そっかー、帰り一人だったんだよね。お疲れさま。
6ヶ月くらいだと、ベビーカーなしで行けるんだね。
ちなみに、ソラさんいま何キロくらい?
うちは8ヶ月ごろに、初海外になりそうだよ。しかもインド。
色んな意味で心配ーーーーーーーー。
あ、他の記事も面白かったよ!!!愛読してます。
  1. 2011/07/22(金) 09:58:10 |
  2. URL |
  3. como #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mayutang.blog32.fc2.com/tb.php/212-92461cd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。