Wu-tangさんの異国暮らし

韓国(亀尾)から始まり、Kentucky(Louisville)そして、現在Texas(Austin)と、割と短期間に、転々としています。そんな日々。

Daisypath Next Aniversary Ticker

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やっぱり、愛しのマイケル・ジャンクソン

 michael_jackson_thriller

マイケルが没されて、はや1ヶ月が経とうとしています。

ここアメリカでは、いまだ、毎日どこかしらのチャンネルが

追悼番組をしています。

いろいろとスキャンダラスな人生だっただけに、辛口社会派の追悼

番組があったり、単純にKING OF POPとして、彼への永遠のリスペクト

を込めての音楽特集であったり、映画であったり。。。とにかく、この1ヶ月、私の中で

マイケルに関して、色々と考えさせられました。

 

もちろん、彼の音楽は言うまでも無く大好きです。

私の中で、彼のような天才は、ちょっとぐらい気が振れていたとしても、

全然アリだと思っていたので、幼児性的虐待と言われようが、体を白く染めた

と言われようが、整形で顔がグチャグチャと言われようが、マイケルはマイケルで

あり、もう、私の中で、人間としての認識ではなく、「天才」って言うくくりで考えていたので、

人間であったことに改めて気が付き、違った視点で彼を見ることが出来た気がします。

 

時に、ダンスする姿が、郷ひろみに見えたり(まぁ、郷ひろみがコピーしている事に間違いありませんが)

エリザベステーラーとの深い中を見る上で、神田うのと美川憲一の様に見えてきたり。。。

とかもしました。

 

イギリスかなんかのドキュメンタリー番組が、マイケルに情熱大陸並みに密着していたのですが、

この番組が、本当に面白かった。次男のブランケット君が生まれた直後ぐらいの頃なので、

4、5年前のものみたいなのですが、インタビュアーが、まるで、山本晋也監督が、援交をしている少女に

赤裸々なインタビューをし、時に意地悪に、時には諭すように、時には涙を浮かべながら。。。

みたいな感じでマイケルにインタビューしている番組。

インタビュアーは、幼児虐待の真実について、ブランケット君の母は誰か、

そして、マイケル自身の父親から受けた虐待について、そして、整形についてを、バシバシ聞いていました。

マイケルは、時々涙ぐみながら、蚊の泣くような声を絞り出して、インタビューに答えていました。

ただ、自らの照明チームにセットを組ませているので、顔は最高のコンディション、でも、なぜか

無精ヒゲを蓄えていたので、ちょっと気持ち悪い感じになっていましたが。

まぁ、おおむね、予想通りの答えしかしなかったのですが、整形に関しての所で、

「僕が覚えている限りでは、歌のために鼻を2回手術したけど、それだけだよ」って言っていたのには

正直驚きです。絶対もっといじっているし、「覚えている限りでは」、って言ったマイケルの嘘が下手な

可愛さが出ている気がしました、でもインタビュアーがバンバン「いや、全然君の顔、昔に比べて面影も無い」

ぐらい手厳しい事を言ったいたので、かなりムッとしていました。

それと、肌の色についての件では「黒人がColored peopleと言われる由縁は、色々な肌のトーンが

存在するからなんだ、白人がマシーンで小麦色に焼いているのは誰も何も言われないのに、おかしいじゃないか。

僕の色はナチュラルだ。」と、強く言っていました。でも、本当に白く肌が変化したのは病気らしい。

正直、前は全然ビューティーの為なのかと思っていたけど、本当なんだって。

 

私は、高校時代なけなしのお金をはたいて、東京ドームにマイケルを拝みに行ったのですが、

その時、米粒大のマイケルよりも、近くにいた、世界ツアーを一緒に回っているようなアメリカの

熱狂的ファンの動きの良さに驚きすぎて、そちらを80%以上は見ながら楽しんだものです。

今、追悼番組で見るどのコンサート風景にも、彼らの様な熱狂的ファンが映っていたりして、

本当にマイケルの神ぶりを再確認。

 

養育権をマイケルの実母が取ったそうですが、プリンス、パリス、ブランケットの

お三方はやはりエホバ入り?

スポンサーサイト
  1. 2009/07/31(金) 12:21:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<素敵な旦那さん34歳 | ホーム | スンちゃん曰く、「釣り人達の天国」>>

コメント

マイコーの死はほんと、びっくりだよね。
私は、やっぱり、黒いもしくは黒さがかろうじて残ってる頃の曲が好き…ビリージーンとか。あの格好に憧れた。
私もウタンと同じく、人種そしてさらに「人間」を超越してしまった彼の死に、まったく実感わかなかったわ。
新聞に、彼の以前の発言が載っていて、
確かこんなんだったんだけど。
i'm one of the lonliest person on the planet.
sometimes i cry cause it hurts.
ちょっと切なくなりました。
スターは皆孤独なんだろうけど、
マイコーはスター以上の存在ていうか、
もうコカコーラとか、マクドナルドとか、
それぐらいのレベルだったんだろうね。
しかし相変わらずイギリス人は辛辣だよな。
ブリトニーとかも泣かすもんね。
  1. 2009/08/02(日) 15:04:23 |
  2. URL |
  3. あいこぶらうん #3hri4u1c
  4. [ 編集]

エゲレス母さん:ほんとう、私が言いたかったのソレだ。
マイケル=コカコーラとか、マクドナルド。
ほんと、そんな感じ。
なんだか、でも、本当に実態は、世界一のロンリネスね。
かわいそうね。
  1. 2009/08/03(月) 21:18:53 |
  2. URL |
  3. ウタン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mayutang.blog32.fc2.com/tb.php/127-4a16eb9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。